わんだふるぅ - 犬のこと  写真のこと  日々の想い ‐


In 09 2010

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


30
Category: 犬の身体   Tags: ---

犬に飼われる

2010年9月30日(木)

今日で9月も終わります。明日からは10月。今年もあと3ヶ月になってしまいました。早いものです。

今日は1日中冷たい雨が降っています。散歩に行けない犬達は、エネルギーをもてあましています。帰宅して、ご飯を食べさせた後、パルコの「遊べ!遊べ!」コールに満足に食事もできませんでした。今やっと、眠ってくれました。



930paru1 
散々愚図って眠りにつきます。




犬が人に飼われているのか、人間が犬に飼われているのか?


最近読んでいる本に面白い記事が載っていたので少し紹介します。



4千種以上の哺乳類、1万種以上の鳥類の中で、人間が飼いならした動物は1ダース程度にしか過ぎません。ハイエナは飼いならすことができませんが、犬はペットになります。シマウマは懐きませんが、馬は家畜にすることが可能です。どんな動物でもペットに出来るわけではないのですね。



オオカミは犬にとても似ていますが、幼いころに人間が育てて、人に良く慣れていたとしても、ひょんなことから、何の前触れもなく攻撃行動に出ることがあるそうです。「前触れもなく」という部分が野生動物の特徴です。獲物を仕留めるには、攻撃の前兆を相手に知られてはまずいのですね。その点で、犬とオオカミは根本的に違っています。



犬の祖先は狼だと言われていますが、オオカミから犬の祖先が分岐したのが約13万5千年も前。人間同士が、まだロクに挨拶も出来なかった頃、そんな大昔の人間が野生のオオカミを手懐けたという考え方には少し無理があります。



キリストが生まれて、西暦が始まってからたった2千年しか経っていないことを考えると、今のオオカミと犬は祖先が同じだとはいえ、全く別の動物だと考える方が理にかなっていると言えると思います。



930chiyo1 
千代は膝の上




約1万4千年前になって初めて、人間と古代犬の化石が一緒に発見されます。その間ゆっくりと、オオカミから分岐した古代の犬の方から人間に近付いてきて、人間の食べ残しを漁ったり(逆かもしれないそうです)、火のぬくもりの味を知り、人間に近付くことによって、他のオオカミ達との生活圏を分け、縄張り争いを避ける道を選んだのでしょうか。



犬の方が人間と共存する道を選んだのかもしれませんね。



人間は元来、大きな目をした、丸い頭の、小さな頼りなさげな物を可愛いと思い、守り育てるという本能があるそうです。



犬は人間のそんな本能に付け込んで(?)人間に寄生しているとかいないとか・・・。



我が家の様子を考えてみても、私が犬に飼いならされていると思える節もチラホラ。家を空けると気になって、外出を極力控えるようになってしまったり、ごみ箱をワイヤーネットで囲ってしまうような不便を強いられても、犬が可愛くて可愛くて仕方ないのですから仕方がありません。



921ur1 
ホントに可愛いオッサン



最後に、心がほっとする動画が「ドックアクチュアリー」のサイト(ページの下の方です)に載っていたので、ご紹介します。

その動画をご覧になって、今日は犬と暮らしている幸せに浸って、お休みください。


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村→よろしければ、ポチっとお願いします。


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト



1
4
6
12
14
18

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。