わんだふるぅ - 犬のこと  写真のこと  日々の想い ‐


In 10 2010

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


31
Category: 栄養よもやま話   Tags: ---

ブロッコリースプラウト

2010年10月31日(日)

11時頃から雨が降り出しました。せっかくのお休みなのに・・・・。朝の散歩を済ませた犬達は、雨が降っているのが判っているかのように、それぞれ好きなところでゴロゴロしています。



1030ur1 
草食オッサン







1030paru1 
ガラスに映った自分に反応





私はジャック・バウワーに取り憑かれ中。シーズン4に突入。


静かな雨の昼下がり、こんなお休みもたまにはいいかなぁ・・・と思います。




1030chiyoparu1 
私に集中している時は、





1030chiyoparu2 
オイデのコマンドで






1030chiyoparu3 
こんなにも一生懸命





1030paru2 
走って来れるのに・・・ね!




さて、久しぶりに栄養の話題です。お時間があればお付き合いください。



ファイトケミカル


ファイトケミカルという言葉があります。なんでも、植物に含まれる化学成分のことで、欠乏しても特に体に不調が観られるといった栄養素ではありません。


植物は動物より下等であるかのように思われていますが、実はとても精巧な仕組みを持っていて、遺伝子の数を調べると人の遺伝子数をはるかに上回るとか。植物は自分で外敵から逃げたり、敵を倒したりすることが出来ないので、その分独特な素晴らしい自己防衛機能をもっています。

その自己防衛機能に深くかかわる物質がファイトケミカルであると言われ、人間や他の動物の免疫機能強化や抗酸化作用があることが最近の研究で判ったそうです。


アメリカには「デザイナーフーズ・プログラム」という国家プロジェクトが1990年代に発足し、イロイロな食物(主に植物)の抗ガン作用を調べています。その中で注目されているのがファイトケミカルだそうです。



ブロッコリースプラウト


我が家で良く使う食材に【ブロッコリースプラウト】があります。ブロッコリー(アブラナ科野菜)には【スルフォラファン】というファイトケミカルが含まれています。特にブロッコリーの芽であるスプラウトには、ブロッコリーの8~10倍のスルフォラファンが含まれているそうです。




1030burokko 
1ケース78円です。






スルフォラファンの効果


解毒作用(体内の解毒酵素の生成を活性化する働きがあります。)

抗酸化作用(ビタミンCやビタミンEより長時間(約3日間も)作用し続けるという特徴があります。)

新陳代謝を活発にする。(DNAの合成にはグルタチオンという物質が材料として使われますが、スルフォラファンの作用によってグルタチオンがDNA合成に使われやすくなります。その結果、細胞分裂が活性化され新陳代謝を上げることができます。)

殺菌効果(ピロリ菌を殺菌する効果があります。抗生物質に耐性を持った菌株にも効果があると言われています。)

皮膚や目の紫外線によるダメージを防御する効果がある。

肝がん・高血圧・心臓病の予防効果



ブロッコリースプラウトの効果的な食べ方


ブロッコリースプラウトの細胞内には、通常スルフォラファンの前駆物質であるスルフォラガングルコシレノート(SGS)が含まれています。このSGSが咀嚼などによって細胞が破壊され、消化酵素のミロシナーゼと反応し分解されることによってスルフォラファンに変化します。


なんだか、ややこしい話ですが、要は「ブロッコリースプラウトの細胞を壊して、ミロシナーゼという酵素と混ぜるとスルフォラファンに変化する。」ということです。


ところが、犬は植物の細胞を咀嚼して破壊することが苦手です。ミロシナーゼと言う消化酵素を体内に持っているかどうかも不明です。


さて、スルフォラファンの恩恵を受けるにはどうしたら良いのか・・・。


ミロシナーゼは大根に多く含まれる酵素です。大根おろしが使えそうですね。


多くのファイトケミカルを有効に摂取するためには、植物の細胞を壊す必要がありますが、ただ単にミキサーにかけるだけでは細胞が上手く壊れないそうです。で、一番有効なのがスープにすること。


スープにすることによって、植物の細胞が破壊されて、スープの中にファイトケミカルの8~9割が溶け出すそうです。ということは、ブロッコリースプラウトを刻んでスープにした後で大根おろしと混ぜればOKだと思います。(大根おろしの消化酵素は加熱することによって壊れる可能性があるので、スープが40℃以下に冷めてから混ぜた方が良いでしょう。)


また、スルフォラファンは大豆レシチンと一緒に摂取すると吸収率が高まると言われています。最後に納豆をミキサーにかけて混ぜて、犬に食べさせれば大丈夫!



1030food1 
ブロッコリースプラウトと他の野菜のスープに、
大根と納豆のミキサーをかけて、ゴマを散らしてみました。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村→よろしければ、ポチっとお願いします。


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト



1
4
10
17
21
23
27
29

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。