FC2ブログ

わんだふるぅ - 犬のこと  写真のこと  日々の想い ‐


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


22
Category: 病気・薬   Tags: ---

デキサメタゾン -副作用-

 2012年2月22日(水)


**本日2記事目の投稿です。

 よろしかったら、下の記事もご覧ください。(^◇^)**




2月22日。

にゃん・にゃん・にゃん。

今日は猫の日ですね~。(^◇^)




さて、今日はお薬と副作用の情報を一つ。

あのステロイドのお話です。

先ずは、メルマガからの引用を。





*****************************


■犬への局所的なデキサメタゾンの投与が、インスリン、グルコース、甲状腺ホルモン、コルチゾル値に及ぼす影響

Influence of topical dexamethasone applications on insulin, glucose, thyroid hormone and cortisol levels in dogs.

Gottschalk J, Einspanier A, Ungemach FR, Abraham G.

ビーグル犬を用いて、2種類のデキサメタゾン製剤の局所投与(皮膚および点耳)が、血漿インスリン、グルコース、甲状腺ホルモン、コルチゾル値に及ぼす影響について検討した。

両治療とも、コルチゾルの基礎値を有意に低下させ、著しいインスリンの上昇(約50%)を起こしたが、血清グルコース値を変化させる事はなかった。デキサメタゾンの点耳は、時間がたつにつれて徐々に血漿サイロキシン(T4)の放出を阻害した(18-50%)のに対し、皮膚へのデキサメタゾンは、迅速にT4値を低下させた。両製剤とも、血漿トリヨードサイロキシン(T3)値を低下させたが、皮膚のデキサメタゾンによる反応の方が、点耳よりも強かった。薬剤を中止すると、中止後1週間にはインスリンの分泌は基礎値へと戻ったが、コルチゾル、T4およびT3値は、基礎値にまで低下しなかった。

これらの結果は、局所的なグルココルチコイドの投与によって、視床下部-下垂体-副腎軸の抑制が同時に起こり二次性に甲状腺機能低下症を起こしたが、膵内分泌を増感したことが示唆される。従って、こうした投与によって内分泌のストレス軸の活性が予想外に様々な影響を受けることについて注意深く検討する必要がある。(Dr.Taku訳)
*********************************




デキサメタゾンは、あの悪名高きステロイド。

ステロイドは魔法の薬と言われるほど、劇的に症状の緩和をもたらします。

ただ、副作用があることは、皆さんご承知の通り。





デキサメタゾンは、点眼薬、塗り薬、点耳薬等で処方されますが、

インスリン分泌を促進したり、甲状腺機能を狂わせてしまうことがあるそうです。

そしてそれは、点耳薬よりも、塗り薬の方が作用が急激だったとか・・・。




服用を止めることで、インスリンの過剰分泌は一週間ほどで是正されましたが、

甲状腺機能障害は元に戻らなかったというのが上記の記事の内容です。







ただ、デキサメタゾンなどステロイドは、全くの悪役と言う訳ではありません。

劇的に症状を緩和してくれる、魔法の薬なので、本当に必要な場合は服用せざるを得ませんよね。

副作用を避けながら、症状を緩和する服用方法もありますので、

信頼できる獣医さんと、よく相談しながら、ステロイドの恩恵を受けるのがベストだと思います。




ステロイドについて、判りやすく書かれているサイトがありましたので、

コチラを参照ください。




くれぐれも、素人判断で服用できる薬ではないということですね。









スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。